アイフルをWeb完結で契約するメリット

アイフルのカードローンは店頭窓口や自動契約コーナーへ来店して契約ができる一方で、自宅から一歩も出ずすべてインターネットで契約手続きができるWeb完結での契約も可能です。アイフルをWeb完結で契約するメリットについて解説していきます。

・24時間365日申し込みができる

Web完結はパソコンやスマートフォンから申し込みを行うこととなります。Webからの申し込みは原則24時間365日できるので、忙しい人でも無理なく申込みができます。

・人にバレずに契約できる

Web完結契約は来店の必要がありませんし、カードレスでの契約となるためローンカード受け取りの手間もかかりません。また自宅に郵送物が送られることもないので、家族にも内緒でカードローン契約ができます。

楽天銀行のトラベルローンを解説

楽天銀行では目的に応じて様々なローンサービスの利用ができるのですが、その中でも旅行関係の費用をお得に借り入れできる目的ローンがトラベルローンです。楽天銀行のトラベルローンの詳細について解説していきます。

まず貸付条件ですが2018年6月23日時点で融資限度額が最大100万円、金利は固定金利で年11.5%とされています。変動金利ではなく固定金利なので返済計画が立てやすいのが良いですね。

なお借りたお金の使いみちについては国内外を問わず旅行関係に関係する費用に充てることができます。パック旅行の費用や宿泊費用に充てることが可能なのはもちろん、交通費として使うことができる点が便利と考えられます。旅行へ行く際には便利に利用したいですね。

キャッシングで利息を抑えるためには

キャッシングを利用した場合、月に1度の返済期日(約定日)と返済最低金額が決められ、数カ月~数年にわたって少しずつ返済していくことになります。

返済期日は消費者金融によって異なり、月末とは限りません。また、プロミスのように、何日かある中から、自分の都合のよい日を選ぶことができる消費者金融もあります。

返済最低金額も、消費者金融によって多少変わってきますが、10万円を借りた場合は4,000円、20万円借りた場合は8,000円程度が一般的で、完済までには3年近くかかるようになっています。

最低返済金額よりも多めに返しても構わないので、10万円借りて、毎月8,000円返していけば、その半分の期間で完済できることになります。

キャッシングでは、金利よりも、借入期間の方が支払い利息に大きく影響します。最低金額が低いとつい安心してしまいますが、余裕がある時は、1,000円だけでも多めに返すことで最終的な支払い利息を抑えることができます。

キャッシングの返済をいかに楽にするかを考えていきましょう

キャッシング時に最も重要なのは借りることではなく、返すこと。

ただし金利0キャンペーンというものはほとんどが初回のみですので、やはり通常利息というものが発生し上乗せされます。そのため、これだけしか借りていないのに、と慌ててしまう場合も。そこで、返済時にあわてなくて済むようにするポイントをおさえていきましょう。

まずは借りる前に、各会社の金利を調べます。企業側は金利に幅をもてさせて何%から何%としています。その低い方につられるのではなく、高い方を見てください。その上限金利が借りたお金にプラスされると思って返済額を計算してかりましょう。

繰り上げ返済が可能ならば、どんどんしていきましょう。月々の返済額は元金プラス利族。だから繰り上げ返済すると、元金の返済に充てられるので返済期間が短くなり、短くなった分利族を払わなくて済むということです。

少しでも安く返済できる方法を考えて、楽に返済していきましょう。

教育資金の調達ならアイフルの利用がおすすめ

大手消費者金融のアイフルではカードローンサービスだけでなく教育資金をお得に借りることができる教育ローンの取り扱いもあるため、最小限の手間で教育資金を調達したいという人におすすめです。同社の教育ローンは2018年4月18日時点で実質年率が9.8%から12.0%、融資限度額が最大で100万円となっているのでまとまった資金をお得に調達できますし、カードローンを利用するよりも高確率で安い金利で借り入れができます。

なお契約の際には本人確認書類の他に借りたお金を教育資金として活用することを証明できる書類が必要になります。具体的には塾や学校が発行した請求書や見積書、領収証などが必要になるので忘れずに準備しておきましょう。

提供元によるカードローンサービスの大きな違いについて

キャッシング専用のカードを使用していつでも気軽にお金を借りられる融資サービスの総称をカードローンと呼びます。このカードローンのサービスに関しては消費者金融業者などをはじめとした貸金業者系、銀行などの金融機関系のものがあります。

どちらの系統であってもカードローンのサービス内容に大きな違いはありませんが、一点だけ大きく異なっている部分があります。それが総量規制の対象であるか、それとも総量規制の対象となっていないかという違いです。

消費者金融業者などをはじめとした貸金業者系のカードローンでは総量規制の対象となるので年収の三分の一までという貸付制限を受けることになりますが、金融機関系のカードローンの場合には総量規制の対象とはなっていないので年収による貸付制限を受けることはありません。

増額申請をした時の体験談(電話)

アコムさんで増額申請できた時の体験談を書いていきたいと思います。

あれは、アコムさんから借り入れて一年がたった頃です。普通に会社が休みでコンビニ行こうとしたら、登録していない電話から着信が来ました。

登録していない電話からの電話は番号を調べてからかけるので、いつもと同じように電話番号を調べると、アコムさんからの電話でした。

あれ?なんでだろう?返済もしっかりしてるはずだけど・・・。もしかして、何か間違えで返済できてなかったのか?と、少し焦りながらアコムさんに電話をかけなおしました。

すると、電話に男性の方が出てアコムのご利用ありがとうと普通の感じで会話がスタートしました。

本日お電話したのは増額のご相談です。と、言われて返済とかの遅れではないとわかってホッとしました。

話を聞いていると、一年がたったので年収などの変わりがないかと聞かれました。

ちょうど年収が20万上がっていたのでそれを言うと審査してからもう一度かけなおしますと言われました。

まあ、増額の申請は却下されている話をネットで聞いているので期待を持たずに待っていました。

数十分後に電話が来ました。先程の男性からで審査も通りましたので、増額させていただきます。今後もアコムをよろしくお願いいたしますと言われて増額が終了しました。

増額は5万円ほど増額していただきました。

審査も早くて思っていたより簡単でした。