アルバイトでも借りれるキャッシング

どうしても支払いが足りない時や今月は出費が多くて生活費が足りないなどという時は誰にでもあるものです。

でも自分はアルバイトだからお金を借りることができないと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。たしかにアルバイトなど不安定な職種ですと銀行ローンなどではなかなか審査に通るのが難しいですが、プロミスなどの消費者金融でしたら過去数ヶ月間の安定した収入があればアルバイトでもパートでも学生でも誰でも審査に通過することができます。

銀行ローンよりは利息は高くなりますが、足りない生活費を補ったりするくらいでしたら利率の影響もわずかですし、逆に消費者金融の素早いキャッシングが活きてもきますのでおすすめです。

借り換えは定期的に検討!不要なカードローンは目的ローンで集約!

カードローンは、借り入れの都度審査が不要という点から急に現金が必要になった時には便利なものです。しかし、多くのカードローンは契約時の金利が適用され続けるため、長期的な返済ともなると無駄な利息を払うことになります。

そのため、金利が少しでも下がる要素があるのであれば、随時借り換えを検討することが重要です。金利が1%下がるだけで総返済額が圧縮され、高い金利のカードローンを継続して契約するメリットはありません。そして、カードローンが多い場合は銀行の目的ローンに切り替えるのがおすすめです。

目的ローンなら消費者金融のカードローンに比べ、金利が半分になることもあり、より効果的に毎月の返済額から借入残高を減少させることが可能です。また、不要なカードローンは随時解約することで審査通過の可能性も高くなっていきます。一度目的ローンに切り替えてしまえば、適宜金利見直しのため、借り換えも行い易くなります。

学生もキャッシングカードを1枚は作っておくべきその理由

学生生活を過ごしていると友人との付き合いなどでお金が急に必要になることもあります。そんな時にはキャッシングカードを1枚持っておくと強い味方となってくれることでしょう。

キャッシングはあまり良いイメージが無いという方へ、カードを持っておくメリットを紹介しますと、1つは利用目的が自由であるという点です。教育ローンや自動車ローンの場合は使う目的が限定されてしまいますが、キャッシングの場合には使い方は自由ですから例え遊び目的であっても問題ないのです。

もう1つは借り入れと返済が自由に繰り返し出来ます。銀行から通常の融資として借り入れる場合には、一度借りると返済が終わらないと借りられないのが主流ですが、キャッシングならば利用限度枠内で何度でも出し入れが可能です。困ったときの大きなチカラに、学生でも作れますのでキャッシングカードは1枚持っておくと良いでしょう。

カードローンの無利息期間サービスを利用する際に注意すべきこと

消費者金融のカードローンには一定の条件を満たすことによって、一定期間の利息がゼロになるという無利息期間サービスを実施していることが少なくありません。利用者にとってかなり有利な条件であることは間違いありませんから条件の満たす利用者は是非とも利用しましょう。

ただ、カードローンの無利息期間サービスで注意しなければならないのは、無利息期間のスタート日です。これは、大きく分けて実際に借入を開始してからスタートするカードローンと契約日の翌日からスタートする場合に別れます。契約日の翌日からの場合には、早く借入をしないことにはどんどんと無利息期間が減っていくことになります。借入を開始した日にはすでに無利息期間は終わっていたというシャレにならないこともありえます。

レイクが無担保カードローンの運営を見直す

銀行カードローンのレイクが2018年3月末までに現在行っている融資事業を停止して、新しくサービスを刷新するとのこと。

内容としては、今まで銀行系カードローンだったのを消費者金融事業に転換するというもの。

4月からはグループ会社「新生フィナンシャル」で、主に若年層向けのサービスを行うというようなものです。

近年の銀行系カードローンの自主規制強化に伴って、消費者金融に会社を転換して色々な人が借り入れしやすいようにするようです。

今まで、少子や金融っぽい会社なのに実は違うといった中途半端なところがあったので、この際に変えたという面もあるでしょう。

業界の流れの影響がこういったところにも出てくるわけであります。

奨学金の返済遅延は3ヶ月以上の延滞以外で登録されるだけがデメリットではない!

長い不況、そして物価上昇に対して給与アップが追い付かず、進学のため奨学金を利用する学生は少なくはありません。そして、就職が決まらない、就職した者の給与は少なく、返済が滞るケースがあり、最終的には債務整理に行きつくこともあります。

その結果、奨学金の返済に関し、3ヶ月以上の延滞があると個人信用情報に延滞記録が登録され、債権回収会社に債権譲渡されることで譲渡記録が5年間残る状況になっています。ですが、奨学金はこれらのデメリットだけではなく、滞納が発生した時点で日本学生支援機構以外からの借り入れ情報も入手するということになっています。

そして、多重債務と判断された場合、即時に法的処理に移ると明言されており、クレジットカードやカードローンよりも対応が厳しくなっているのが実態です。特に学生時代から学生ローンを利用し残高が残っている、就職後新たにカードローン契約している場合には非常にリスクが高い状況となっているため、不要なカードローンやキャッシング契約は避ける必要があります。