銀行カードローンを利用して即日融資を受ける3つの方法

銀行カードローンは金利が低く設定されているので審査が厳しい傾向があります。融資を受ける事が出来るまで数日かかってしまう事が多いので早くお金を借りたい人は即日融資に対応している消費者金融を利用する事になります。しかし銀行カードローンを利用して即日融資を受ける方法がいくつかあります。そこで銀行カードローンを利用して即日融資を受けるにはどのような方法があるのか見ていく事にしましょう。

・バンクイックを利用してテレビ窓口で申し込む

三菱東京UFJ銀行が提供するカードローンのバンクイックの申込方法は電話やネットなどもありますが、店舗内に設置されているテレビ窓口で申し込みをすると審査が即日回答されるので即日融資を受ける事が出来ます。しかし運転免許証を持っている事が条件となります。

・三井住友銀行カードローンを利用してローン契約機で申し込む

三井住友銀行カードローンのが電話やネットで申し込みをすると融資を受ける事が出来るまで数日かかってしまいますが、店舗内に設置されている店舗内で申し込みをすると審査が即日回答されるので即日融資を受ける事が出来ます。

・みずほ銀行カードローンを利用してWEB完結で申し込む

みずほ銀行カードローンは申込方法によって融資スピードが異なるのが特徴ですが、WEB完結で申し込むと即日融資を受ける事が出来ます。しかしみずほ銀行の口座を持っている事が条件となります。

キャッシングを利用する利点、注意すべき点

私がキャッシングを初めて利用したのは、バンドマンをしていた時代です。なかなか集客やノルマ達成などがうまくいかず、バンド全体はもいろん、メンバーそれぞれもとにかく貧しい頃でした。
そんなとき、私の貯金が底をついてしまい、今夜食べるものにすら困った時にキャッシングの存在を思い出して利用することになりました。

当時は電子マネーのようなものもなく、とにもかくにも現金が必要でした。

現金が手に入ったおかげで、その日の食事にありつくことができました。
また、現金が手元にある、という安心感も得られました。当然ですがいつか元に戻さなければならない、「自分のお金」ではないのですが、あるとないとでは大違いです。

急病や怪我など万が一のことがあっても対応できるだろう、という安心感がありました。
ただ、借金のようなものには変わりはないので「早く返済しなければ」という焦燥感は感じていました。

お金はとても大切なものですが、ルーズな人には向かないかもしれません。

先ほども述べましたが、お金に関してルーズな方には向かないと思います。
金銭面はもちろん、様々なことにおいて自己管理がきちんとできる自信がある方のみ利用して欲しいと思います。

キャッシングの返済方法による注意点

キャッシングをすると、毎月一度、もしくはそれに近い周期で返済を行っていきますが、この際の返済方法は利用するキャッシング会社によって提示されるいくつかの中から選択することになります。
大手のキャッシング会社では、キャッシングカードを使ったATMからの返済、銀行口座からの自動引き落とし、または指定された口座までの振り込みの3種類から選ぶことができます。

このうち、自動引き落としはクレジットカードの支払いと同様に口座から勝手に引き落とされるので、返済を忘れてしまうこともなくとても便利ですが、これを選択した際には注意点があります。それは、返済をしたという記録がキャッシング会社に伝わるのが実際に引き落としが行われた日から数日後だという点です。

もちろん返済日に問題なく引き落としが行われれば、キャッシング会社が確認するのが数日後であっても返済の延滞などにはなりません。ですが、この数日間は返済を行ったかどうかが分からないので、利用限度額の回復がないのです。

つまり、50万円の限度額で契約を行っており、その中から40万円借りている状態だとします。この状態で返済日に自動引き落としによって5万円を返済したとしても、それが分かるのは返済日から数日後になるので、それまでは40万円を借りているという状態のままなのです。よって、あと借りることができるのも10万円のままということになります。

すぐにキャッシング会社から返済が分かるATMから行った場合、返済後すぐに借り入れは35万円という状態になり、あと15万円まで借りられるようになります。この点が自動引き落としのデメリットだと言えます。

タイミングによってはきちんと引き落としが行われているのにも関わらず、延滞の通知が送られてくることさえあります。(これは破ってしまって構いません) 返済に自動引き落としを選ぶ場合、このような点を留意の上で選択してください。

キャッシングの前に事前準備

キャッシングを利用としている人で、過去にキャッシングを利用していた方、特に十年以内にキャッシングを利用した事がある方は、改めてキャッシングをしようと思ったとき、長期的に安定して借りていきたいならば事前に確認した方が良い事があります。それは、自分の信用情報を自分で事前に確認するという事です。

これはシー・アイ・シーと日本信用情報機構という場所に申請をして自分の情報を調べるのですが、これを自分自身でする事に意味があります。というのも、キャッシングをして会社でこの信用情報を照会してもらい問題があり、キャッシングできませんとなったときに審査落ちという履歴が残ってしまうからです。

これは持続的はキャッシングをしていく上でも不利になりますし、キャッシングできる会社も狭まり、額も縮小する可能性があり良い事がないのです。なので自分で事前に信用情報にどのような履歴が残っているかが分かれば行動がコントロールしやすいのです。

例えば、過去に未払いや延滞の履歴が合った場合、この状態で大手のキャッシングを利用するのは厳しいのでこの信用情報の延滞記録が消えるまでは、中小企業の比較的キャッシングが通りやすい会社を利用するなどの対策が出来ます。

キャッシングを検討されている方へ、キャッシングは簡単です!

今月はちょっとピンチだな。という経験をお持ちの方は多いと思います。

お給料日までまだあるし、どうしよう。。そんなときに助けてくれるのがキャッシングサービスです。

貸してくれるのかな?怖くないかな?といった心配はご無用!今はとっても簡単、スピーディにキャッシングをすることが可能です。

まずキャッシング会社の比較ですが、ネット上で金利やサービスを比較することができますので、金利や利用できるコンビニなどを選択して、自分にあったキャッシングサービスを選択することが可能です。

次に申し込みですが、Web、自動契約機、電話、窓口というようにあなたのやりやすい方法で行うことが可能です。

webや自動契約機であれば、人と会話する必要もなく、キャッシングを知られたくない、恥ずかしいといった心配が不要です。

書類などが必要な場合がありますがキャッシング初心者の方の場合、申し込みは通りやすいと思います。

借り入れについて、特に初めて借入をされる方を対象にした様々なサービスが設けられています。

借入をしてから7日間・30日間と無利息サービスなどのサービスを受けることも可能です。

極端な話、給料日までの少しの間凌ぎたい時などすぐに返済が出来る場合にキャッシング利用をすれば実質金利は0円で利用する事が可能となります。

いかがですか。お金に困ったときにはお気軽にキャッシングを利用して、充実した毎日を過ごしましょう。

融資枠の拡大する無利息のカードローン

現在では、無利息で利用することの可能なカードローンが、多くのところで見受けられるようになってきているのではないでしょうか。

特に無利息のカードローンを利用可能になってきているところが増加している上、無利息で利用できる融資枠が拡大しているケースも次々に見受けられているのではないかと思います。このような傾向は、多くの金融機関から確認されてきている動向となってきており、カードローンを積極的に利用しようと模索する人が増加する最大の要因になっているのではないかと推測されています。

無利息でカードローンを利用できる枠が拡大されることで、返済する総額が大幅に少なくなる可能性があると認識されています。多くの方面からこうした傾向は強く歓迎されるようになってきており、カードローンが積極的に活用される契機にもなっていると言えるでしょう。

今後はこのような特徴のある無利息のカードローンのサービスが、これまで以上に利便性の高いものとして見受けられるのではないでしょうか。また、カードローンを利用したことのない人が、高い頻度で融資を受けたいとこのサービスの利用申請をするようにもなっていくと考えられているため、大きく期待されています。

増額申込みで減額されることがある?

キャッシングの会員ページなどでいつでも行える増額申込み。気軽に申し込んでみたことがあるという人も多いのではないでしょうか。ですが、ノーリスクにみえる増額申込みにも意外な落とし穴があります。それは増額申込みによって減額されてしまう場合があるということです。

減額されてしまう理由

増額申込みをすると審査が行われ、それに通れば利用限度額がアップされます。場合によっては金利も安くなるでしょう。ただし、契約条件が有利になるのは以前よりも信用力が上がっている場合だけです。逆に収入が減っていたりした場合、信用力が低下するので限度額もそれに見合った金額に変更されます。つまり限度額が減額されてしまうのです。

増額申込み=再審査

増額申込みは、単なる増額のチャンスというわけではありません。増額申込みは、実は再審査の申込みであり、契約条件の変更を申請するものなのです。そのため、申込みをした人の経済状況によって契約条件は有利にも不利にもなります。当然、減額されてしまうこともあるわけです。ですから、あまり気軽に増額申込みをしてしまうのは考えものです。増額申込みには、以前よりも信用力が上がったことを確信してから、きちんと準備をしたうえで申込みをするべきなのです。

キャシングの借り換えタイミングにはベストな時期があります

キャシングの借り換えタイミングにはベストな時期があります。それは借り入れをしてから1年後です。わずか1年で金利が大きく変動することは考えにくいですが、このタイミングにはコツが存在します。キャシング会社はキャンペーンを1年のうちに何回かおこないます。

その時に顧客の中から優良顧客を選んで優遇することがあるのです。つまりその返済に滞りがなかったり、借入れしてから仕事や住所などの変更がない場合に金利優遇措置をおこなったりするのです。もちろんすべての顧客に優遇されることはないので、キャシングをして1年経過したら、自分からキャシング会社に問い合わせてみることが大切です。

キャシング会社もそのまま借り入れを継続してほしいので、借り換えタイミングとしてはベストな時期になるのです。たとえキャンペーンをしていなくても、まとまった余裕のあるお金ができてくるのも約1年ほどなのでキャシングをしていて借り換えを考えたなら、1年という節目に合わせてみましょう。

今まで支払っていた金額が金利や顧客優遇措置により安くなる可能性もあるのです。その際には改めて必要書類の提出があることも予測されるため、前もってキャシング会社に問い合わせてみましょう。