J.Score(ジェイスコア)は他の金融業者と何が違うのか?

J.Score(ジェイスコア)が今までの金融業者と違って新しい面というのはAIを導入しているという面です。

最新のAIが顧客が入力した情報を基に、どれくらいの信用力があることや返済できる可能性があるのかを審査し、スコア化。

それによって適用される金利や借入限度額を決定するようになっているのです。

今までは人間の判断で処理しているような部分があったわけですが、そういったところを排除することによって

より早く審査をしていくということが可能となっていますし、人件費を減らすことによって金利面をより安く提供できるようになっているのです。

AIがこういったところに入り込んでいるというのは実に近未来的な感じがしますよね。

アイフルをWeb完結で契約するメリット

アイフルのカードローンは店頭窓口や自動契約コーナーへ来店して契約ができる一方で、自宅から一歩も出ずすべてインターネットで契約手続きができるWeb完結での契約も可能です。アイフルをWeb完結で契約するメリットについて解説していきます。

・24時間365日申し込みができる

Web完結はパソコンやスマートフォンから申し込みを行うこととなります。Webからの申し込みは原則24時間365日できるので、忙しい人でも無理なく申込みができます。

・人にバレずに契約できる

Web完結契約は来店の必要がありませんし、カードレスでの契約となるためローンカード受け取りの手間もかかりません。また自宅に郵送物が送られることもないので、家族にも内緒でカードローン契約ができます。

楽天銀行のトラベルローンを解説

楽天銀行では目的に応じて様々なローンサービスの利用ができるのですが、その中でも旅行関係の費用をお得に借り入れできる目的ローンがトラベルローンです。楽天銀行のトラベルローンの詳細について解説していきます。

まず貸付条件ですが2018年6月23日時点で融資限度額が最大100万円、金利は固定金利で年11.5%とされています。変動金利ではなく固定金利なので返済計画が立てやすいのが良いですね。

なお借りたお金の使いみちについては国内外を問わず旅行関係に関係する費用に充てることができます。パック旅行の費用や宿泊費用に充てることが可能なのはもちろん、交通費として使うことができる点が便利と考えられます。旅行へ行く際には便利に利用したいですね。

教育資金の調達ならアイフルの利用がおすすめ

大手消費者金融のアイフルではカードローンサービスだけでなく教育資金をお得に借りることができる教育ローンの取り扱いもあるため、最小限の手間で教育資金を調達したいという人におすすめです。同社の教育ローンは2018年4月18日時点で実質年率が9.8%から12.0%、融資限度額が最大で100万円となっているのでまとまった資金をお得に調達できますし、カードローンを利用するよりも高確率で安い金利で借り入れができます。

なお契約の際には本人確認書類の他に借りたお金を教育資金として活用することを証明できる書類が必要になります。具体的には塾や学校が発行した請求書や見積書、領収証などが必要になるので忘れずに準備しておきましょう。

レイクが無担保カードローンの運営を見直す

銀行カードローンのレイクが2018年3月末までに現在行っている融資事業を停止して、新しくサービスを刷新するとのこと。

内容としては、今まで銀行系カードローンだったのを消費者金融事業に転換するというもの。

4月からはグループ会社「新生フィナンシャル」で、主に若年層向けのサービスを行うというようなものです。

近年の銀行系カードローンの自主規制強化に伴って、消費者金融に会社を転換して色々な人が借り入れしやすいようにするようです。

今まで、少子や金融っぽい会社なのに実は違うといった中途半端なところがあったので、この際に変えたという面もあるでしょう。

業界の流れの影響がこういったところにも出てくるわけであります。

アイフルでは教育ローンの取扱いもある

消費者金融が取り扱う金融サービスといえば、借入金の使途が自由なカードローンやキャッシングサービス、他社債務の借り換えに便利なおまとめローンなどが有名であり、資金使途が限られているものの低金利でお得な借り入れができる、自動車ローン等の目的型ローンの取扱いはほとんどないのが実情です。

そんな中、アイフルではカードローン等のローンに加えて、教育ローンなどの目的ローンの取り扱いもあるので、目的を持ってお得な借入がしたいという場合に利用を強くおすすめします。

アイフルの教育ローンの内容を見てみますと、2017年10月17日時点で、利用限度額は100万円、実質年率は9.8%から12.0%となっています。一般的な消費者金融のカードローンの上限実質年率が18.0%であることを考えると、かなりの低金利と言えますね。

香川銀行カードローン パパッとカード

香川県付近の在住の方には使いやすいであろう物として香川銀行カードローン パパッとカード

というものがあります。 どんな内容のカードローンなのでしょうか?

基本的なスペックとしては、融資限度額は10万~500万円、金利は5.5~14.6%という感じで取り扱いされています。

口座・来店不要で契約ができるのも地方銀行とはいえ、いい部分でありますし、口座を持っているのであれば

WEB審査を使って契約することで早ければ2~3日で借入が出来るという点もなかなか使い勝手がいいのではないかと思います。

保証会社は、四国総合信用株式会社、㈱オリエントコーポレーション、SMBCコンシューマファイナンス㈱と3つありますが、

前者二つの保証会社に選ばれたときには、在籍確認の電話は不要という風になっています。

保証会社は個人では選択は出来ませんが、保証会社によっては、お金を借入しやすいような場合にもありますので多くの人が

借入がしやすいようになっているのです。

また、保証会社によっては適用金利が同じ限度額でもかわってくることにも注意が必要です。

香川県付近に在住の片で、香川銀行の口座を持っている方ならかなり利用しやすいのではないかと思います。

ネットの口コミでの評価もかなり高い?融資スピードが優れている以外のアコムのメリット

アコムはホームページで最短1時間融資を宣伝していて融資スピードが優れている消費者金融として知られています。それで早くお金を借りたい時に利用するのが適しています。しかしアコムは融資スピードが優れている点以外にもメリットがあるのでネットの口コミでもかなり評価が高いです。そこで融資スピードが優れている以外のアコムのメリットを挙げていく事にしましょう。

・限度額の設定が高い

大手の消費者金融は限度額が最大500万円までになっている事が多いですが、アコムは限度額が最大800万円までになっています。消費者金融を利用する人は少額の借り入れをする事が多いですが、中には多額の借り入れをすぐしたいという人もいます。それで即日融資を受ける事が出来てしかも多額の借り入れをする事も出来るアコムを利用するとしっかり対応する事が出来ます。

・大手銀行の傘下に入っている

アコムは三菱東京UFJ銀行の傘下に入っている消費者金融なので経営面で不安を感じさせる事が一切ありません。それでお金を借りている時に倒産してしまうというリスクもほとんどないので利用している時の安心感があります。キャッシングをする時は不安が少なからずあるので安心感があるアコムを利用した方がいいと考える人も多いです。

地方銀行カードローンのデメリットについて

地方銀行というのは、まだまだああなログ的なところが多かったり全国規模の大手銀行には及ばない部分というのがどうしても出てきてしまいます。

審査時間に関しては、やはりスピード審査というようなところは出来ず、1週間くらいはかかってしまうようなケースは珍しくはありません。

時間がかかるとなるとどうしても審査スピードに差が出てしまうところは仕方がないでしょう。

無利息期間といったような、消費者金融などではそれなりにはやっているサービスもあまりなく、やっていたとしても

即日融資をするにはその銀行の通帳があらかじめ必要だったり、審査完了までの時間がかなり短いといったところなどもあります。

また、地域性が強い銀行だと、地域外の人は利用がそもそも出来ないようなケースがあり、銀行によってどうしてもそのあたりは差が出来るようになっています。

いい条件のところがあるといってもなかなか借入ができないようなケースもあり、そういったことを調べることにも情報が少ないか、煩雑にそろっているので

大変なことになるでしょう。

地方銀行は、サービス面が悪い部分がどうしても出てしまうだけではなく、特定の地方に住んでいるものでないとかなり厳しい部分があるといえます。