カードローンの信用調査について

カードローンを発行して貰うときには当然、その人の信用力を調査されることになります。これまでの金融遍歴とか年齢、収入の有無やその金額なども含めて総合的に判断されることになります。たまに勘違いしている人がいますが他のところから断られた場合、どこも駄目になる、と言うことですが特に根拠があることではないです。

貸すことのできるハードル、属性評価は業者によって違う事になりますから、それをよく考えておきましょう。もちろん、銀行系カードローンではない場合、総量規制が引っかかることになりますから、そのラインをクリアしていない場合は根本的に駄目です。しかし、そうではない場合、業者単位の可否と言うことになりますからいくつか申込みをしてみるとよいでしょう。

クレジットカードのキャッシング審査で知っておきたいこととは?

クレジットカードには、お買い物できる「ショッピング枠」の他に「キャッシング枠」というお金を借りることができます。「ショッピング枠とキャッシング枠では審査が異なるのか」気になるところですが、結論から申しますと「2つの枠の審査はまったくの別に行われています」。

クレジットカードのキャッシング枠は、働いていて、自分に稼ぎがある人でないと審査に通りません。キャッシング枠で借入できる金額は、他の金融機関のキャッシング枠と合算して「年収の3分の1まで」と決まっています。なので、すでにクレジットカードやカードローンのキャッシングが、年収の3分の1近くまで借入がある場合は、キャッシング審査に通ることは難しくなります。

消費者金融の審査の内容とは

消費者金融というのは当たり前ですがお金を貸してくれるところです。無担保であり、無保証人でもあります。つまりは、個人に対する信用貸しになります。個人の信用がまずは何より大事になります。では、どんな審査がされるのか、といいますと何歳であるのか、どこに勤めているのか、どのくらいの借金があるのか、ということです。

何歳とかどこの誰か、というのは身分証などで確認されることになります。どこに勤めているのか、というのも在籍確認の電話などでチェックされることになります。どのくらいの収入があるのか、というのは一社で50万円を超える、或いは複数社で100万円の枠になる場合などにおいては確認することになりますが、実は収入証明自体はそうでないのであれば義務ではないです。

さて、どうやってどのくらいの借金があるのか、ということを調べるのか、といいますと実はそれができる機関があります。それが指定信用情報機関になります。こうしたところに問い合わせることによって所謂、キャッシング系の借金が分かるようになっています。

個人情報ではないか、と思うかもしれませんがそれはできるようにします。そして、消費者金融は貸せるのかどうかを確認するわけです。

キャッシングの審査の優先順位

キャッシングの利用の前には必ず審査がありますが、全国各地の自動契約機やネットから多数の申込みが重なった場合にはどの申込みから先に審査を行うかという優先順位があります。

その優先順位とは、(1)自動契約機、(2)店頭、(3)ネットもしくは電話となっているのが通常です。郵送での申込みは一番後回しだと考えてください。

何故自動契約機が一番優先されるのかという理由ですが、自動契約機から申込みを行った場合、審査の行われている時間をその場でずっと1人で待っている必要があります。その為、あまり待たせてしまうことができません。また、そのキャッシング会社自体の評価にも関わってしまうので、一番優先して審査を行っているのです。

店頭からの申込みは、これは最近ではほとんど行われていませんが、やはり店内で待たせることになるので自動契約機の次に優先しています。ネットや電話による申込みは審査の時間に好きなことをしていられる反面、多少待たせてもその時間を拘束してしまうことがないので、自動契約機や店頭より優先順位が下になっています。

よって、急ぎでキャッシングをしたい場合には自動契約機からの申込みが一番ということになります。ただし、上にも書きましたが審査の時間を自動契約機の設置されている個室内でずっと待つことになります。審査が始まってしまうと原則的に外に出ることはできないので、その後に何か用事がある場合には時間に余裕をもって申込みを行ってください。最短30分審査のキャッシング会社を利用する場合でも、1時間程度はみておきましょう。

キャッシングの前に事前準備

キャッシングを利用としている人で、過去にキャッシングを利用していた方、特に十年以内にキャッシングを利用した事がある方は、改めてキャッシングをしようと思ったとき、長期的に安定して借りていきたいならば事前に確認した方が良い事があります。それは、自分の信用情報を自分で事前に確認するという事です。

これはシー・アイ・シーと日本信用情報機構という場所に申請をして自分の情報を調べるのですが、これを自分自身でする事に意味があります。というのも、キャッシングをして会社でこの信用情報を照会してもらい問題があり、キャッシングできませんとなったときに審査落ちという履歴が残ってしまうからです。

これは持続的はキャッシングをしていく上でも不利になりますし、キャッシングできる会社も狭まり、額も縮小する可能性があり良い事がないのです。なので自分で事前に信用情報にどのような履歴が残っているかが分かれば行動がコントロールしやすいのです。

例えば、過去に未払いや延滞の履歴が合った場合、この状態で大手のキャッシングを利用するのは厳しいのでこの信用情報の延滞記録が消えるまでは、中小企業の比較的キャッシングが通りやすい会社を利用するなどの対策が出来ます。