キャッシングを利用する利点、注意すべき点

私がキャッシングを初めて利用したのは、バンドマンをしていた時代です。なかなか集客やノルマ達成などがうまくいかず、バンド全体はもいろん、メンバーそれぞれもとにかく貧しい頃でした。
そんなとき、私の貯金が底をついてしまい、今夜食べるものにすら困った時にキャッシングの存在を思い出して利用することになりました。

当時は電子マネーのようなものもなく、とにもかくにも現金が必要でした。

現金が手に入ったおかげで、その日の食事にありつくことができました。
また、現金が手元にある、という安心感も得られました。当然ですがいつか元に戻さなければならない、「自分のお金」ではないのですが、あるとないとでは大違いです。

急病や怪我など万が一のことがあっても対応できるだろう、という安心感がありました。
ただ、借金のようなものには変わりはないので「早く返済しなければ」という焦燥感は感じていました。

お金はとても大切なものですが、ルーズな人には向かないかもしれません。

先ほども述べましたが、お金に関してルーズな方には向かないと思います。
金銭面はもちろん、様々なことにおいて自己管理がきちんとできる自信がある方のみ利用して欲しいと思います。