キャッシングの前に事前準備

キャッシングを利用としている人で、過去にキャッシングを利用していた方、特に十年以内にキャッシングを利用した事がある方は、改めてキャッシングをしようと思ったとき、長期的に安定して借りていきたいならば事前に確認した方が良い事があります。それは、自分の信用情報を自分で事前に確認するという事です。

これはシー・アイ・シーと日本信用情報機構という場所に申請をして自分の情報を調べるのですが、これを自分自身でする事に意味があります。というのも、キャッシングをして会社でこの信用情報を照会してもらい問題があり、キャッシングできませんとなったときに審査落ちという履歴が残ってしまうからです。

これは持続的はキャッシングをしていく上でも不利になりますし、キャッシングできる会社も狭まり、額も縮小する可能性があり良い事がないのです。なので自分で事前に信用情報にどのような履歴が残っているかが分かれば行動がコントロールしやすいのです。

例えば、過去に未払いや延滞の履歴が合った場合、この状態で大手のキャッシングを利用するのは厳しいのでこの信用情報の延滞記録が消えるまでは、中小企業の比較的キャッシングが通りやすい会社を利用するなどの対策が出来ます。