キャッシングで利息を抑えるためには

キャッシングを利用した場合、月に1度の返済期日(約定日)と返済最低金額が決められ、数カ月~数年にわたって少しずつ返済していくことになります。

返済期日は消費者金融によって異なり、月末とは限りません。また、プロミスのように、何日かある中から、自分の都合のよい日を選ぶことができる消費者金融もあります。

返済最低金額も、消費者金融によって多少変わってきますが、10万円を借りた場合は4,000円、20万円借りた場合は8,000円程度が一般的で、完済までには3年近くかかるようになっています。

最低返済金額よりも多めに返しても構わないので、10万円借りて、毎月8,000円返していけば、その半分の期間で完済できることになります。

キャッシングでは、金利よりも、借入期間の方が支払い利息に大きく影響します。最低金額が低いとつい安心してしまいますが、余裕がある時は、1,000円だけでも多めに返すことで最終的な支払い利息を抑えることができます。