提供元によるカードローンサービスの大きな違いについて

キャッシング専用のカードを使用していつでも気軽にお金を借りられる融資サービスの総称をカードローンと呼びます。このカードローンのサービスに関しては消費者金融業者などをはじめとした貸金業者系、銀行などの金融機関系のものがあります。

どちらの系統であってもカードローンのサービス内容に大きな違いはありませんが、一点だけ大きく異なっている部分があります。それが総量規制の対象であるか、それとも総量規制の対象となっていないかという違いです。

消費者金融業者などをはじめとした貸金業者系のカードローンでは総量規制の対象となるので年収の三分の一までという貸付制限を受けることになりますが、金融機関系のカードローンの場合には総量規制の対象とはなっていないので年収による貸付制限を受けることはありません。