提供元によるカードローンサービスの大きな違いについて

キャッシング専用のカードを使用していつでも気軽にお金を借りられる融資サービスの総称をカードローンと呼びます。このカードローンのサービスに関しては消費者金融業者などをはじめとした貸金業者系、銀行などの金融機関系のものがあります。

どちらの系統であってもカードローンのサービス内容に大きな違いはありませんが、一点だけ大きく異なっている部分があります。それが総量規制の対象であるか、それとも総量規制の対象となっていないかという違いです。

消費者金融業者などをはじめとした貸金業者系のカードローンでは総量規制の対象となるので年収の三分の一までという貸付制限を受けることになりますが、金融機関系のカードローンの場合には総量規制の対象とはなっていないので年収による貸付制限を受けることはありません。

増額申請をした時の体験談(電話)

アコムさんで増額申請できた時の体験談を書いていきたいと思います。

あれは、アコムさんから借り入れて一年がたった頃です。普通に会社が休みでコンビニ行こうとしたら、登録していない電話から着信が来ました。

登録していない電話からの電話は番号を調べてからかけるので、いつもと同じように電話番号を調べると、アコムさんからの電話でした。

あれ?なんでだろう?返済もしっかりしてるはずだけど・・・。もしかして、何か間違えで返済できてなかったのか?と、少し焦りながらアコムさんに電話をかけなおしました。

すると、電話に男性の方が出てアコムのご利用ありがとうと普通の感じで会話がスタートしました。

本日お電話したのは増額のご相談です。と、言われて返済とかの遅れではないとわかってホッとしました。

話を聞いていると、一年がたったので年収などの変わりがないかと聞かれました。

ちょうど年収が20万上がっていたのでそれを言うと審査してからもう一度かけなおしますと言われました。

まあ、増額の申請は却下されている話をネットで聞いているので期待を持たずに待っていました。

数十分後に電話が来ました。先程の男性からで審査も通りましたので、増額させていただきます。今後もアコムをよろしくお願いいたしますと言われて増額が終了しました。

増額は5万円ほど増額していただきました。

審査も早くて思っていたより簡単でした。

クレジットカードのキャッシング審査で知っておきたいこととは?

クレジットカードには、お買い物できる「ショッピング枠」の他に「キャッシング枠」というお金を借りることができます。「ショッピング枠とキャッシング枠では審査が異なるのか」気になるところですが、結論から申しますと「2つの枠の審査はまったくの別に行われています」。

クレジットカードのキャッシング枠は、働いていて、自分に稼ぎがある人でないと審査に通りません。キャッシング枠で借入できる金額は、他の金融機関のキャッシング枠と合算して「年収の3分の1まで」と決まっています。なので、すでにクレジットカードやカードローンのキャッシングが、年収の3分の1近くまで借入がある場合は、キャッシング審査に通ることは難しくなります。

カンニング竹山の借金は450万円もあった

今や引っ張りだこのカンニング竹山さんは、若かりし頃消費者金融や闇金融などから総額450万円も借金があったそうです。まだブレーク前ですから当然返済もままならず、思い切って弁護士に相談されたのです。その結果借金450万円が180万円まで減額され、債務整理に成功したのです。

あのまま売れてなかったら180万円の借金でも重くのしかかりますが、成功された今では1ヶ月で返せる額です。売れない芸人に450万円も貸す貸金業者にも責任があり、その結果総量規制という制限ができました。今売れない芸人が消費者金融に駆け込んでも、数万円程度しか貸してもらえないでしょう。

ちなみにお笑いの吉本興業には、主に芸人に貸し付ける吉本ファイナンスという貸金業を営んでおり、売れない芸人の駆け込み寺となっているそうです。

アルバイトでも借りれるキャッシング

どうしても支払いが足りない時や今月は出費が多くて生活費が足りないなどという時は誰にでもあるものです。

でも自分はアルバイトだからお金を借りることができないと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。たしかにアルバイトなど不安定な職種ですと銀行ローンなどではなかなか審査に通るのが難しいですが、プロミスなどの消費者金融でしたら過去数ヶ月間の安定した収入があればアルバイトでもパートでも学生でも誰でも審査に通過することができます。

銀行ローンよりは利息は高くなりますが、足りない生活費を補ったりするくらいでしたら利率の影響もわずかですし、逆に消費者金融の素早いキャッシングが活きてもきますのでおすすめです。

借り換えは定期的に検討!不要なカードローンは目的ローンで集約!

カードローンは、借り入れの都度審査が不要という点から急に現金が必要になった時には便利なものです。しかし、多くのカードローンは契約時の金利が適用され続けるため、長期的な返済ともなると無駄な利息を払うことになります。

そのため、金利が少しでも下がる要素があるのであれば、随時借り換えを検討することが重要です。金利が1%下がるだけで総返済額が圧縮され、高い金利のカードローンを継続して契約するメリットはありません。そして、カードローンが多い場合は銀行の目的ローンに切り替えるのがおすすめです。

目的ローンなら消費者金融のカードローンに比べ、金利が半分になることもあり、より効果的に毎月の返済額から借入残高を減少させることが可能です。また、不要なカードローンは随時解約することで審査通過の可能性も高くなっていきます。一度目的ローンに切り替えてしまえば、適宜金利見直しのため、借り換えも行い易くなります。

学生もキャッシングカードを1枚は作っておくべきその理由

学生生活を過ごしていると友人との付き合いなどでお金が急に必要になることもあります。そんな時にはキャッシングカードを1枚持っておくと強い味方となってくれることでしょう。

キャッシングはあまり良いイメージが無いという方へ、カードを持っておくメリットを紹介しますと、1つは利用目的が自由であるという点です。教育ローンや自動車ローンの場合は使う目的が限定されてしまいますが、キャッシングの場合には使い方は自由ですから例え遊び目的であっても問題ないのです。

もう1つは借り入れと返済が自由に繰り返し出来ます。銀行から通常の融資として借り入れる場合には、一度借りると返済が終わらないと借りられないのが主流ですが、キャッシングならば利用限度枠内で何度でも出し入れが可能です。困ったときの大きなチカラに、学生でも作れますのでキャッシングカードは1枚持っておくと良いでしょう。

カードローンの無利息期間サービスを利用する際に注意すべきこと

消費者金融のカードローンには一定の条件を満たすことによって、一定期間の利息がゼロになるという無利息期間サービスを実施していることが少なくありません。利用者にとってかなり有利な条件であることは間違いありませんから条件の満たす利用者は是非とも利用しましょう。

ただ、カードローンの無利息期間サービスで注意しなければならないのは、無利息期間のスタート日です。これは、大きく分けて実際に借入を開始してからスタートするカードローンと契約日の翌日からスタートする場合に別れます。契約日の翌日からの場合には、早く借入をしないことにはどんどんと無利息期間が減っていくことになります。借入を開始した日にはすでに無利息期間は終わっていたというシャレにならないこともありえます。

レイクが無担保カードローンの運営を見直す

銀行カードローンのレイクが2018年3月末までに現在行っている融資事業を停止して、新しくサービスを刷新するとのこと。

内容としては、今まで銀行系カードローンだったのを消費者金融事業に転換するというもの。

4月からはグループ会社「新生フィナンシャル」で、主に若年層向けのサービスを行うというようなものです。

近年の銀行系カードローンの自主規制強化に伴って、消費者金融に会社を転換して色々な人が借り入れしやすいようにするようです。

今まで、少子や金融っぽい会社なのに実は違うといった中途半端なところがあったので、この際に変えたという面もあるでしょう。

業界の流れの影響がこういったところにも出てくるわけであります。

奨学金の返済遅延は3ヶ月以上の延滞以外で登録されるだけがデメリットではない!

長い不況、そして物価上昇に対して給与アップが追い付かず、進学のため奨学金を利用する学生は少なくはありません。そして、就職が決まらない、就職した者の給与は少なく、返済が滞るケースがあり、最終的には債務整理に行きつくこともあります。

その結果、奨学金の返済に関し、3ヶ月以上の延滞があると個人信用情報に延滞記録が登録され、債権回収会社に債権譲渡されることで譲渡記録が5年間残る状況になっています。ですが、奨学金はこれらのデメリットだけではなく、滞納が発生した時点で日本学生支援機構以外からの借り入れ情報も入手するということになっています。

そして、多重債務と判断された場合、即時に法的処理に移ると明言されており、クレジットカードやカードローンよりも対応が厳しくなっているのが実態です。特に学生時代から学生ローンを利用し残高が残っている、就職後新たにカードローン契約している場合には非常にリスクが高い状況となっているため、不要なカードローンやキャッシング契約は避ける必要があります。

アイフルでは教育ローンの取扱いもある

消費者金融が取り扱う金融サービスといえば、借入金の使途が自由なカードローンやキャッシングサービス、他社債務の借り換えに便利なおまとめローンなどが有名であり、資金使途が限られているものの低金利でお得な借り入れができる、自動車ローン等の目的型ローンの取扱いはほとんどないのが実情です。

そんな中、アイフルではカードローン等のローンに加えて、教育ローンなどの目的ローンの取り扱いもあるので、目的を持ってお得な借入がしたいという場合に利用を強くおすすめします。

アイフルの教育ローンの内容を見てみますと、2017年10月17日時点で、利用限度額は100万円、実質年率は9.8%から12.0%となっています。一般的な消費者金融のカードローンの上限実質年率が18.0%であることを考えると、かなりの低金利と言えますね。

カードローンは生活費の補填のため?

現在融資限度額が最も高いカードローンは、住信SBIネット銀行のMR.カードローンの1200万円です。この際の金利は驚異の年0.99%です。しかし本当に1200万円も借りられる人が存在するのかは疑問です。なぜなら年収は3,4000万円は必要でしょうし、そもそもそれほど高い年収の方はカードを契約するのでしょうか?

ちょっと前の調査ですがジャパンネット銀行によると、年収800万円以上の世帯で約32%がカードローンを契約しています。その内訳は生活費のためというよりも、娯楽・交際費として借入するとのことです。ですからカードローンは生活費の補填の他、遊びのために使っている方が意外と多いことが分かります。

怖いくらい簡単に借りれてしまった

当時私は東北のとある地方で会社員をしていました。しかし会社都合で転勤が発生したんです。住居費用等諸費用はもちろん会社負担ですが、過去に何度も引っ越し経験があったのでわかるんですが、引っ越しって思いもしないお金がかかるものなんです。

転勤二か月前に言われてしまい、貯蓄もそれほどなく不安だったので始めたキャッシングを利用しました。帰り道にある個室のATMのような機械で手続きをしました。まずその場に置かれていた書類を持ち帰り、熟読し、改めて登録に伺いました。

必要なものは免許証と社会保険証でした。一番不安だったのが第三者にバレる事だったのですが、それは大丈夫だと念押しで教えてくれました。イメージとしては口座か何かに後日振り込まれるんだと思っていたんですが、まさかの即日でキャッシングが可能であると言われ、驚いてしまいました。

専用のカードがその場で発行されました。30分もかかっていないと思います。後日職場に在籍確認らしき電話が来ましたが本当にバレませんでした。借りるまではかなり緊張していたのに驚くほど簡単に手続きが出来てしまいました。

即日で消費者金融会社からお金を借りるには

多くのユーザーが消費者金融会社からキャッシングでお金を借りる理由は、急な出費に対応するお金が必要だからです。その為、即日でお金を借りられる仕組みがあれば、ユーザーにとっては役立ちます。近年では、消費者金融会社の多くは、消費者のニーズに応えられるように、即日融資が出来る仕組み作りを行っています。

ユーザーがキャッシングの申し込みを営業時間帯の早い時間に行う事で、消費者金融会社は、審査を迅速に行い、即日融資が出来るように審査結果をユーザーに伝え、正式に契約をします。このようにする事で、ユーザーは消費者金融会社から即日でお金を借りられるようになり、急な出費に備えられます。即日融資は、ユーザーにとって利便性を高めてくれる仕組みとなっています。

キャッシング申し込みをした体験談

私は、以前に給料が少なく、足りない分を補うためにキャッシングをすることを決意しました。最初、返せなくなったらどうしようとか、不安がたくさんありましたが、昔に比べキャッシングがオープンになっているのと、アルバイトの人などでも借りられたりと、非常に借りやすくなっていることから、私もです借りてしまいました。

キャッシングの申し込みは無人契約機で行いました。手続きは意外に簡単で、約30分くらいで終わりすぐに融資してもらえました。借りてから少し怖い感じがありましたが、返済額もその時に応じて、少しずつ払っていく返済方法だったので、無理なく返済できました。急な出費や給料日までの食いつなぎなど便利に使えて、とても重宝してます。

香川銀行カードローン パパッとカード

香川県付近の在住の方には使いやすいであろう物として香川銀行カードローン パパッとカード

というものがあります。 どんな内容のカードローンなのでしょうか?

基本的なスペックとしては、融資限度額は10万~500万円、金利は5.5~14.6%という感じで取り扱いされています。

口座・来店不要で契約ができるのも地方銀行とはいえ、いい部分でありますし、口座を持っているのであれば

WEB審査を使って契約することで早ければ2~3日で借入が出来るという点もなかなか使い勝手がいいのではないかと思います。

保証会社は、四国総合信用株式会社、㈱オリエントコーポレーション、SMBCコンシューマファイナンス㈱と3つありますが、

前者二つの保証会社に選ばれたときには、在籍確認の電話は不要という風になっています。

保証会社は個人では選択は出来ませんが、保証会社によっては、お金を借入しやすいような場合にもありますので多くの人が

借入がしやすいようになっているのです。

また、保証会社によっては適用金利が同じ限度額でもかわってくることにも注意が必要です。

香川県付近に在住の片で、香川銀行の口座を持っている方ならかなり利用しやすいのではないかと思います。

ネットの口コミでの評価もかなり高い?融資スピードが優れている以外のアコムのメリット

アコムはホームページで最短1時間融資を宣伝していて融資スピードが優れている消費者金融として知られています。それで早くお金を借りたい時に利用するのが適しています。しかしアコムは融資スピードが優れている点以外にもメリットがあるのでネットの口コミでもかなり評価が高いです。そこで融資スピードが優れている以外のアコムのメリットを挙げていく事にしましょう。

・限度額の設定が高い

大手の消費者金融は限度額が最大500万円までになっている事が多いですが、アコムは限度額が最大800万円までになっています。消費者金融を利用する人は少額の借り入れをする事が多いですが、中には多額の借り入れをすぐしたいという人もいます。それで即日融資を受ける事が出来てしかも多額の借り入れをする事も出来るアコムを利用するとしっかり対応する事が出来ます。

・大手銀行の傘下に入っている

アコムは三菱東京UFJ銀行の傘下に入っている消費者金融なので経営面で不安を感じさせる事が一切ありません。それでお金を借りている時に倒産してしまうというリスクもほとんどないので利用している時の安心感があります。キャッシングをする時は不安が少なからずあるので安心感があるアコムを利用した方がいいと考える人も多いです。

地方銀行カードローンのデメリットについて

地方銀行というのは、まだまだああなログ的なところが多かったり全国規模の大手銀行には及ばない部分というのがどうしても出てきてしまいます。

審査時間に関しては、やはりスピード審査というようなところは出来ず、1週間くらいはかかってしまうようなケースは珍しくはありません。

時間がかかるとなるとどうしても審査スピードに差が出てしまうところは仕方がないでしょう。

無利息期間といったような、消費者金融などではそれなりにはやっているサービスもあまりなく、やっていたとしても

即日融資をするにはその銀行の通帳があらかじめ必要だったり、審査完了までの時間がかなり短いといったところなどもあります。

また、地域性が強い銀行だと、地域外の人は利用がそもそも出来ないようなケースがあり、銀行によってどうしてもそのあたりは差が出来るようになっています。

いい条件のところがあるといってもなかなか借入ができないようなケースもあり、そういったことを調べることにも情報が少ないか、煩雑にそろっているので

大変なことになるでしょう。

地方銀行は、サービス面が悪い部分がどうしても出てしまうだけではなく、特定の地方に住んでいるものでないとかなり厳しい部分があるといえます。

キャッシングをする時はどちらがいい?銀行と消費者金融を選ぶ時のポイント

キャッシングをする時は銀行か消費者金融のカードローンのサービスを利用する事になります。銀行は金利が低く設定されている点がメリットになりますが、お金を借りる事が出来るまで数日間かかってしまう事が多い点がデメリットになります。消費者金融は即日融資を受ける事が出来る点がメリットになりますが、金利が高く設定されている点がデメリットになります。どちらもメリットになる点とデメリットになる点があるので選び方が難しいですが、重視する点で判断するとすぐに選ぶ事が出来ます。

金欠の状態になっていてすぐにお金を借りたい時は消費者金融を利用するのがオススメです。金欠の状態になっている時は基本的に少額の借り入れをすれば済んでしまいます。それで金利が高く設定されていてもそれほど影響するわけではないので即日融資に対応している消費者金融を利用した方がいいです。

まとまったお金が必要になったので多額の借り入れをしたいという時は銀行を利用するのがオススメです。多額の借り入れをする時は加算される利息が多くなるので金利が高く設定されている消費者金融を利用すると返済が大変になってしまいます。多額の借り入れをした時の返済の負担を考えると銀行を利用した方がいいです。

消費者金融の審査の内容とは

消費者金融というのは当たり前ですがお金を貸してくれるところです。無担保であり、無保証人でもあります。つまりは、個人に対する信用貸しになります。個人の信用がまずは何より大事になります。では、どんな審査がされるのか、といいますと何歳であるのか、どこに勤めているのか、どのくらいの借金があるのか、ということです。

何歳とかどこの誰か、というのは身分証などで確認されることになります。どこに勤めているのか、というのも在籍確認の電話などでチェックされることになります。どのくらいの収入があるのか、というのは一社で50万円を超える、或いは複数社で100万円の枠になる場合などにおいては確認することになりますが、実は収入証明自体はそうでないのであれば義務ではないです。

さて、どうやってどのくらいの借金があるのか、ということを調べるのか、といいますと実はそれができる機関があります。それが指定信用情報機関になります。こうしたところに問い合わせることによって所謂、キャッシング系の借金が分かるようになっています。

個人情報ではないか、と思うかもしれませんがそれはできるようにします。そして、消費者金融は貸せるのかどうかを確認するわけです。

大手キャッシングは、好みで選んで問題ありません

大手キャッシング会社の比較というのは、ハッキリ言ってほぼ意味がありません。
何故ならすでに携帯大手3社キャリア並のサービス競争によって、利息やサービスに差が殆ど無いからです。
この場合は悪い意味ではなく、どの会社を選んでも最高のサービスであるという意味です。

あえていうなら、初利用の方は無利息期間のあるキャッシングを選んだ方がいいかもしれませんが、10万円利用の30日の利息は約1800円なので、使っているカードのポイントで選んだ方がお得である可能性すらあります。
大体のキャッシングは、色んなポイントプログラムと提携しているので、自身の利用しているカードの特典を探しましょう。

全てとは言いませんが、キャッシングは他に比べ初利用のハードルが高いので、ポイントプログラムの還元率はかなり高い傾向にあります。
中には5000ポイントキャッシュバックというのもあり、利息以上に還元される事も珍しくありません。
会社としてはそれでも惜しくないと思う程に、最初のキャッシング利用を決断させる事を重視しています。

待遇面では、大手はほぼ即審査・即日融資・無人ATM・コンビニ返済の基本サービスを抑えています。

30日の無利息期間はあったりなかったりしますが、元々初利用時のサービスであり、初利用時の融資金額は1万円~30万円程度です。
金額次第ではありますが、1万円以上の利息が無料になる事は中々難しいでしょう。

そういう意味では、あまり無利息期間に拘る事もありません。
提携ポイントや会社のイメージ、自身の好みによってキャッシング会社を選んでも損する事はないので安心してくださいね。

キャッシングの審査の優先順位

キャッシングの利用の前には必ず審査がありますが、全国各地の自動契約機やネットから多数の申込みが重なった場合にはどの申込みから先に審査を行うかという優先順位があります。

その優先順位とは、(1)自動契約機、(2)店頭、(3)ネットもしくは電話となっているのが通常です。郵送での申込みは一番後回しだと考えてください。

何故自動契約機が一番優先されるのかという理由ですが、自動契約機から申込みを行った場合、審査の行われている時間をその場でずっと1人で待っている必要があります。その為、あまり待たせてしまうことができません。また、そのキャッシング会社自体の評価にも関わってしまうので、一番優先して審査を行っているのです。

店頭からの申込みは、これは最近ではほとんど行われていませんが、やはり店内で待たせることになるので自動契約機の次に優先しています。ネットや電話による申込みは審査の時間に好きなことをしていられる反面、多少待たせてもその時間を拘束してしまうことがないので、自動契約機や店頭より優先順位が下になっています。

よって、急ぎでキャッシングをしたい場合には自動契約機からの申込みが一番ということになります。ただし、上にも書きましたが審査の時間を自動契約機の設置されている個室内でずっと待つことになります。審査が始まってしまうと原則的に外に出ることはできないので、その後に何か用事がある場合には時間に余裕をもって申込みを行ってください。最短30分審査のキャッシング会社を利用する場合でも、1時間程度はみておきましょう。

銀行カードローンを利用して即日融資を受ける3つの方法

銀行カードローンは金利が低く設定されているので審査が厳しい傾向があります。融資を受ける事が出来るまで数日かかってしまう事が多いので早くお金を借りたい人は即日融資に対応している消費者金融を利用する事になります。しかし銀行カードローンを利用して即日融資を受ける方法がいくつかあります。そこで銀行カードローンを利用して即日融資を受けるにはどのような方法があるのか見ていく事にしましょう。

・バンクイックを利用してテレビ窓口で申し込む

三菱東京UFJ銀行が提供するカードローンのバンクイックの申込方法は電話やネットなどもありますが、店舗内に設置されているテレビ窓口で申し込みをすると審査が即日回答されるので即日融資を受ける事が出来ます。しかし運転免許証を持っている事が条件となります。

・三井住友銀行カードローンを利用してローン契約機で申し込む

三井住友銀行カードローンのが電話やネットで申し込みをすると融資を受ける事が出来るまで数日かかってしまいますが、店舗内に設置されている店舗内で申し込みをすると審査が即日回答されるので即日融資を受ける事が出来ます。

・みずほ銀行カードローンを利用してWEB完結で申し込む

みずほ銀行カードローンは申込方法によって融資スピードが異なるのが特徴ですが、WEB完結で申し込むと即日融資を受ける事が出来ます。しかしみずほ銀行の口座を持っている事が条件となります。

キャッシングを利用する利点、注意すべき点

私がキャッシングを初めて利用したのは、バンドマンをしていた時代です。なかなか集客やノルマ達成などがうまくいかず、バンド全体はもいろん、メンバーそれぞれもとにかく貧しい頃でした。
そんなとき、私の貯金が底をついてしまい、今夜食べるものにすら困った時にキャッシングの存在を思い出して利用することになりました。

当時は電子マネーのようなものもなく、とにもかくにも現金が必要でした。

現金が手に入ったおかげで、その日の食事にありつくことができました。
また、現金が手元にある、という安心感も得られました。当然ですがいつか元に戻さなければならない、「自分のお金」ではないのですが、あるとないとでは大違いです。

急病や怪我など万が一のことがあっても対応できるだろう、という安心感がありました。
ただ、借金のようなものには変わりはないので「早く返済しなければ」という焦燥感は感じていました。

お金はとても大切なものですが、ルーズな人には向かないかもしれません。

先ほども述べましたが、お金に関してルーズな方には向かないと思います。
金銭面はもちろん、様々なことにおいて自己管理がきちんとできる自信がある方のみ利用して欲しいと思います。

キャッシングの返済方法による注意点

キャッシングをすると、毎月一度、もしくはそれに近い周期で返済を行っていきますが、この際の返済方法は利用するキャッシング会社によって提示されるいくつかの中から選択することになります。
大手のキャッシング会社では、キャッシングカードを使ったATMからの返済、銀行口座からの自動引き落とし、または指定された口座までの振り込みの3種類から選ぶことができます。

このうち、自動引き落としはクレジットカードの支払いと同様に口座から勝手に引き落とされるので、返済を忘れてしまうこともなくとても便利ですが、これを選択した際には注意点があります。それは、返済をしたという記録がキャッシング会社に伝わるのが実際に引き落としが行われた日から数日後だという点です。

もちろん返済日に問題なく引き落としが行われれば、キャッシング会社が確認するのが数日後であっても返済の延滞などにはなりません。ですが、この数日間は返済を行ったかどうかが分からないので、利用限度額の回復がないのです。

つまり、50万円の限度額で契約を行っており、その中から40万円借りている状態だとします。この状態で返済日に自動引き落としによって5万円を返済したとしても、それが分かるのは返済日から数日後になるので、それまでは40万円を借りているという状態のままなのです。よって、あと借りることができるのも10万円のままということになります。

すぐにキャッシング会社から返済が分かるATMから行った場合、返済後すぐに借り入れは35万円という状態になり、あと15万円まで借りられるようになります。この点が自動引き落としのデメリットだと言えます。

タイミングによってはきちんと引き落としが行われているのにも関わらず、延滞の通知が送られてくることさえあります。(これは破ってしまって構いません) 返済に自動引き落としを選ぶ場合、このような点を留意の上で選択してください。

キャッシングの前に事前準備

キャッシングを利用としている人で、過去にキャッシングを利用していた方、特に十年以内にキャッシングを利用した事がある方は、改めてキャッシングをしようと思ったとき、長期的に安定して借りていきたいならば事前に確認した方が良い事があります。それは、自分の信用情報を自分で事前に確認するという事です。

これはシー・アイ・シーと日本信用情報機構という場所に申請をして自分の情報を調べるのですが、これを自分自身でする事に意味があります。というのも、キャッシングをして会社でこの信用情報を照会してもらい問題があり、キャッシングできませんとなったときに審査落ちという履歴が残ってしまうからです。

これは持続的はキャッシングをしていく上でも不利になりますし、キャッシングできる会社も狭まり、額も縮小する可能性があり良い事がないのです。なので自分で事前に信用情報にどのような履歴が残っているかが分かれば行動がコントロールしやすいのです。

例えば、過去に未払いや延滞の履歴が合った場合、この状態で大手のキャッシングを利用するのは厳しいのでこの信用情報の延滞記録が消えるまでは、中小企業の比較的キャッシングが通りやすい会社を利用するなどの対策が出来ます。

キャッシングを検討されている方へ、キャッシングは簡単です!

今月はちょっとピンチだな。という経験をお持ちの方は多いと思います。

お給料日までまだあるし、どうしよう。。そんなときに助けてくれるのがキャッシングサービスです。

貸してくれるのかな?怖くないかな?といった心配はご無用!今はとっても簡単、スピーディにキャッシングをすることが可能です。

まずキャッシング会社の比較ですが、ネット上で金利やサービスを比較することができますので、金利や利用できるコンビニなどを選択して、自分にあったキャッシングサービスを選択することが可能です。

次に申し込みですが、Web、自動契約機、電話、窓口というようにあなたのやりやすい方法で行うことが可能です。

webや自動契約機であれば、人と会話する必要もなく、キャッシングを知られたくない、恥ずかしいといった心配が不要です。

書類などが必要な場合がありますがキャッシング初心者の方の場合、申し込みは通りやすいと思います。

借り入れについて、特に初めて借入をされる方を対象にした様々なサービスが設けられています。

借入をしてから7日間・30日間と無利息サービスなどのサービスを受けることも可能です。

極端な話、給料日までの少しの間凌ぎたい時などすぐに返済が出来る場合にキャッシング利用をすれば実質金利は0円で利用する事が可能となります。

いかがですか。お金に困ったときにはお気軽にキャッシングを利用して、充実した毎日を過ごしましょう。

融資枠の拡大する無利息のカードローン

現在では、無利息で利用することの可能なカードローンが、多くのところで見受けられるようになってきているのではないでしょうか。

特に無利息のカードローンを利用可能になってきているところが増加している上、無利息で利用できる融資枠が拡大しているケースも次々に見受けられているのではないかと思います。このような傾向は、多くの金融機関から確認されてきている動向となってきており、カードローンを積極的に利用しようと模索する人が増加する最大の要因になっているのではないかと推測されています。

無利息でカードローンを利用できる枠が拡大されることで、返済する総額が大幅に少なくなる可能性があると認識されています。多くの方面からこうした傾向は強く歓迎されるようになってきており、カードローンが積極的に活用される契機にもなっていると言えるでしょう。

今後はこのような特徴のある無利息のカードローンのサービスが、これまで以上に利便性の高いものとして見受けられるのではないでしょうか。また、カードローンを利用したことのない人が、高い頻度で融資を受けたいとこのサービスの利用申請をするようにもなっていくと考えられているため、大きく期待されています。

増額申込みで減額されることがある?

キャッシングの会員ページなどでいつでも行える増額申込み。気軽に申し込んでみたことがあるという人も多いのではないでしょうか。ですが、ノーリスクにみえる増額申込みにも意外な落とし穴があります。それは増額申込みによって減額されてしまう場合があるということです。

減額されてしまう理由

増額申込みをすると審査が行われ、それに通れば利用限度額がアップされます。場合によっては金利も安くなるでしょう。ただし、契約条件が有利になるのは以前よりも信用力が上がっている場合だけです。逆に収入が減っていたりした場合、信用力が低下するので限度額もそれに見合った金額に変更されます。つまり限度額が減額されてしまうのです。

増額申込み=再審査

増額申込みは、単なる増額のチャンスというわけではありません。増額申込みは、実は再審査の申込みであり、契約条件の変更を申請するものなのです。そのため、申込みをした人の経済状況によって契約条件は有利にも不利にもなります。当然、減額されてしまうこともあるわけです。ですから、あまり気軽に増額申込みをしてしまうのは考えものです。増額申込みには、以前よりも信用力が上がったことを確信してから、きちんと準備をしたうえで申込みをするべきなのです。